歯医者で虫歯治療をし健康な歯を取り戻す:歯医者さんの相場って?

人気の歯科医院で確実な治療を受けよう

良い入れ歯とは

入れ歯にも寿命がある

よい入れ歯は、患者さんのあごの骨の形や口腔粘膜にぴったり合い、正しいかみ合わせでよくかめるようでなければいけません。そのため入れ歯の製作はたくさんの手順を経て、オーダーメイドで行われます。歯科医は患者さんの要望を聞いたうえで型をとり、その指示のもとに、歯科技工士が入れ歯を作成します。(どんな入れ歯にも寿命はある)義歯は人が作ったものなので、どうしても万能ではありません。一度作った義歯が永久に使えるわけではないのです。とくに入れ歯の場合は、使用後数年で出し入れのさい、「あれ、ゆるくなったかな」と自覚できるケースもあります。個人差が大きいのですが、入れ歯が合わなくなった場合には、数年で作り替えたほうがよいでしょう。完全に作り替えなくても、何年かおきに手直しすることも有効です。

歯科医と相談しながら

保険診療の枠内で、十分使用に耐えうる入れ歯を作れますが、個々の好みや満足感を追及して、自由診療を選択することもできます。どんな材質でどのようなタイプの入れ歯を作るのか、歯科医とよく相談し、納得いく入れ歯を作りましょう。困ってしまうのは、(とにかく保険の範囲内でおまかせします)といったきり、何もいわない、聞かないといった患者さんです。保険の範囲内で作るにしても、ある程度は自分の希望を反映できる部分はありますし、歯科医の説明も、すべて注意深く聞いてほしいのです。おまかせしますと決め込んでしまう患者さんほど、あとで不具合が出てあわてることが少なくありません。入れ歯ができるまでの間は、ささいなことでもできるだけ綿密に歯科医と話し合うことをおすすめします。