歯医者で虫歯治療をし健康な歯を取り戻す:歯医者さんの相場って?

人気の歯科医院で確実な治療を受けよう

治療法

幼児から始める虫歯予防

現在歯科というと虫歯治療、小児歯科、矯正歯科、審美歯科など、さまざまな種類があります。 今までは虫歯ができたら歯科へ行き、削って、かぶせ物をしてという治療が主でした。 かぶせ物も保険適用の銀色のがほとんどでしたが、今は歯の色に似せたセラミックなど種類も本当に様々です。 虫歯になったら、色々な治療が選べる時代になったと思います。 予防歯科という分野があります。これは虫歯を作らないという考え方に基づいて施術を行います。 生まれたての赤ちゃんの口内には虫歯菌は存在しません。歯が生えてきたら、その歯を虫歯にさせない為にフッ素塗布をしたりします。このフッ素は、口内を虫歯のできにくい環境にしてくれます。 その為には3〜4ヶ月に一度、歯科でのメンテナンスが必要となります。

行きつけの歯科で相談してみましょう

フッ素塗布は幼児だけでなく、大人にももちろん有効です。市販の歯磨き粉にもフッ素が配合してあるものもありますが、やはり歯科でフッ素塗布してもらうほうがいいと思います。市販のものよりフッ素の量が多いからです。特に難しいこともないので、行きつけの歯医者さんに相談してみるといいと思います。 現在歯科治療はレーザー治療、無痛治療など色々ありますが、やはり虫歯にならないことが一番です。 その為には食生活や歯磨きの仕方なども相談するといいと思います。 そして虫歯になってから歯医者さんに行くのではなく、数ヶ月に一度、歯のメンテナンスを受けに行くのが一番いいと思います。きれいな歯でいることは、将来自分の歯で食事ができる可能性が高いということになります。